子供の頃、遠足に行く前日や運動会などに早く寝ようなんて思っていても、中々眠れない経験をした事がある人は結構多いのではないでしょうか。遠足や運動会だけでなく、いつもとは違う何かがあると思っている時は、脳が興奮して眠りにくくなるようです。眠れないので焦って眠らないと!と思えば思うほど、眠れなくなってしまいます。寝ようと思う事が逆効果のようですが、わかっていても焦ってしまいますよね。大人になってからもイベントなどに参加する時に「別にたいした事なんてない」なんて思ってみたところで、眠れなくなっている自分がいます。目を瞑って寝ているふりをしてみても、脳は眠れていないので、寝ているとは言えないんですが、目や体は休める事が出来ていて、1日くらいなら別段大丈夫な感じ。最近は眠れるように頑張らなくても、1日くらいなら眠れなくても平気と、割り切る方が良いように思えてきました。

関連ページ