住宅ローンの金利を一覧比較!固定と変動はどっちがお得?

新築でも中古でも家を購入する際には、ローンが必要となりますが特につなぎ融資という方法で借入れ出来るのを知っていますか。

この仕組みは、家を建てたいけど必要経費が足りない時など一時しのぎで借りるローンの事を指します。

普通は、家が建ってから住宅のためのローンが始まるのでそれまでの工事費などは、こうした所から借りるのです。

ただし、この融資は利息が非常に高く日割りで計算されるため早急に対応できないと、後々支払いが大変になります。

なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、無理なく続けられる計画作りがとても大切です。

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。

ですが、フラット35の審査は少し違う点もありまた、それに加えフラット35の審査特徴として一般的な住宅ローンと一緒です。

貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。

これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

これから、ローンを組んで住宅を購入する予定の方はまず完済までに何年の返済期間で申込むのか考えましょう。

一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが本当に満期までかかって返す方は少ないようです。

殆どの方が10年以内に返済することを目処にしています。

思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時は繰上げ返済時の手数料が0円の銀行を選ぶとお得です。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

実際に利用している方の声も参考になるので、見てみましょう。

今後マイホームを購入される方や住宅ローンを検討している方は、以下の点に注意して選んでみると良いでしょう。

今までの買い物で一番高い商品になる事でしょう。

そのため利息や利子の安さだけでは判断しないようにしましょう。

総合返済額がいくらになるかで選ぶ事をおすすめします。

低金利といっても、他に必要な事務手数料などがかかってしまうとつまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。

何年か後に、夢のマイホームを建てる計画をしている方は必ずと言ってよいほど火災保険への加入も勧められます。

家のローンも支払わなければならないのに、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。

ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合に少しでも節約するためといって加入しなければ、どんな理由であれ請求されることになります。

万が一何かあっても対処できるように、申請していれば融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。

なので是非、申込みをされる事をお勧めします。

長年住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。

繰り上げ返済をすれば、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、ないし、新築の住宅をお買い上げされた方が申請可能になります。

改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。

これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。

住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。

その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。

この保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。

という特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金繰りの事ではないでしょうか。

一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。

ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。

期間は最長で35年もありますので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申し込みも進められます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合残りのローンが0円になる。

という保険です。

今後、両親と同居している予定のある方は、今回は是非、知って頂きたい住宅ローンを紹介します。

普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く年を重ねるとどうしても審査に通りにくくなってしまいます。

但し、親子リレー返済をして申請に通れば、高齢の方でも申請可能になり、希望も見えてくるでしょう。

この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく返す時期をずらしていく為に可能なのです。

これらの理由により普通のローンよりも借入れ期間が長いのです。

是非、こうしたローンも視野に入れて検討してみて下さいね。

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。

ですが、自分の家を購入する際には必ずじぶん銀行の住宅ローン審査が必要です。

現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。

ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

その理由として一番大きいのがやはり収入面です。

住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。

ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

夢のマイホームを購入してから、それほど経たないうちに癌だと診断されたら、その後の支払いはどうなるのでしょうか。

一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。

申請した内容にがん保険が入っている場合もありますが、そうでないものもあるため、必ず確認が必要です。

但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。

将来、住宅ローンを考えているけど高額なために0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

従って、最近ネットでも話題になっている評判の利用しないと勿体無いオススメの銀行をお知らせします。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、それでいて契約している方には、イオンでの買い物の際に5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。

数年以内に住宅ローンを希望されている方は、融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、それほど変わらなかったという事もあります。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるかこれをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。

具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、その他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

ただし注意しておきたい点がいくつかあります。

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。

安く購入できるメリットはありますが、上手に選択しないと逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。

参考:住宅ローンを金利一覧で比較!2018年は金利が上がる?【フラット35】