保険相談の無難な断り方とは?体調不良で切り抜ける!

2017年4月の金融庁が出した指導により保険無料相談後に相談者特典として高額な商品券をプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指導を受けて各サービスでは、商品券から「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券をプレゼントとしてキャンペーンを謳っているサービスがありますが、これは明確な法令違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスの利用を考えているのならば、キャンペーンではなくサービスを提供している企業の情報を調べてから選びましょう。

相談をしたいと思い立ってすぐに見直しをしたいなら近所の保険ショップに行くという選択肢もあります。

世間には無料で保険相談に乗ってくれる会社がたくさんありますが、店舗数も多く、テレビでCMを流したりもしていて良く知られる会社のひとつに「ほけんの窓口」があります。

いくつもある来店型店舗の中でも知名度が高く、ネット上の体験談や口コミも豊富にあるのが良いですね。

最初の面談ではまず「保険」というものの説明から始まり、客側の疑問にも丁寧に答えてくれるということで評判が良く、満足度も高いとのこと。

また商品の取扱数も割合に多いとのことで、さまざまなプランを比較できると思います。

Tポイントやマイルなどのポイントが保険無料相談サービスの利用でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスは有名ではないものばかりで本当にポイントがもらえるのか心配ですよね。

ポイント付与までの流れとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与されるという形式が多いです。

そのため、サービス側は最初の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談予定がなかなか合わないなどポイント付与の条件に満たない状態のままになる可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという目的で申し込むのはやめましょう。

世の中には無料なのに続けられているサービスがあります。

無料なのに続けられるのは何かカラクリがあるはずです。

一例を挙げさせてもらうと、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行う会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

これはFPが提案した保険に相談者が加入することによって保険会社から手数料がサービス元の企業に行くという形です。

そのため、契約してもらうことが重要なので、契約の得られない会社にとって利益率のいい相談者の希望を無視した保険よりもほとんどないと思っていいはずです。

相談自体は無料なので、今の保障内容を忘れてしまったという方も安心して活用してください。

よく広告などで見る保険無料相談ですがどうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、相談者が紹介された保険に加入した際の手数料です。

この仕組みは相談者にとっては、メリットが多いです。

相談者が契約した時に初めて収入があるということは、契約がなければFPには収入が入らないため、保険紹介の質、紹介する保険の内容の熟知度を高めなければなりません。

そのため、提案する保険が相談者の希望に合っていることが高く、説明内容や面談後のアフターケアなど紹介者のスキルが高いことが多いなど良い面ばかりです。

なので、現在契約している保険の確認だけでもOKなど強引な勧誘はありません。

皆さんも保険の悩みを気楽に相談してはどうでしょう。

よくある保険の見直しはざっくり2種類ある訪問タイプにしろ来店タイプにしろ面談は直接会ってするものが多いですが、電話でのアドバイスが可能なところもあるとのことなんです。

どういった流れになるかというと、フリーダイヤルやネットから電話をかけてもらう時間の予約をし、あとは担当者からの連絡を待つだけらしいのです。

もちろん0円でできます。

これだと提案に不満があれば即終わりにしてしまうこともできるので、直接会うよりも気軽に試せると思う人も多いかもしれませんね。

便利なネット検索を使って調べれば、無料で保険の相談に乗ってくれる会社が山ほどあります。

その激戦に勝つために、キャンペーンを行っている会社もあります。

どんなものがあるのか調べてみました。

嬉しい現金や商品券、ギフト券などがもらえるのだそうです。

もらえる額はそれぞれ異なりますが、2000円から7000円ほどといったところでしょうか。

大切な話なので数社に面談をお願いすることもあるでしょうし、こういったことも会社を選ぶポイントにすればわずらわしいことも少し楽しくできるかもしれませんね。

「保険業法」では保険の勧誘や販売についていろいろな規制をかけています。

保険業法第300条への指針として金融庁は「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

これは相談者特典として保険料の割引や換金性の高いギフト券、クオカードなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉など商品そのものをプレゼントしている保険の相談会社はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われるお中元やお歳暮、カレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当てはまらないとしています。

そのため、牛肉などの商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも言い切れない状態にあると言えそうです。

保険相談をしたい場合には、どんな方法があるでしょうか。

家や近所までFPさんに来てもらう人もいれば、雑誌やテレビなどでもよく見かける会社のお店までこちらから出向きたいという人もたくさんおられるでしょう。

日本中にお店があるような有名どころですとショッピングモール内など、ちょっと立ち寄るにも便利な場所で営業している場合も多いので、気構えず利用できそうです。

家を知られたくなかったり、プライバシーが確保できない場所でお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、実店舗を構えているところが良いかもしれません。

保険のプロに無料で話を聞けるチャンスがあるなら、可能な限り無駄のない時間を過ごしたいところです。

見直しに関して注意しておくと良いのは、今現在ある保証や月々の支払額のバランスはとれているか?加えてそれらが自分のライフスタイルに沿ったものかどうか?です。

実際の面談までに自身のライフスタイルについて考え、できたら今の健康状態についてわかるものを用意しましょう。

そうすることでより具体的な提案をしてもらいやすくなります。

また肝心なのはどこで面談をするかでもあるので、選ぶ際もきちんと調べましょう。

タダだからと保険の相談にのってもらったとして、やめたいならやめると言ったら良いわけですが、せっかく親身になって説明してもらったり自分のために資料をそろえてもらっていたりすると、決め手に欠いた場合に言い出し辛いことがあるかもしれません。

お金のことですし、結論を出すのに時間がかかるのは当然のことでしょう。

上手な断り方としては、じっくり考えてからこちらから連絡します、とはっきり伝えること。

それでも強引な勧誘がある場合は専用の窓口に連絡しましょう。

月の収支がギリギリ、でも貯金はしたい!と思ったときにどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

最初に思いつくのが食費ですが子供のことを考えると食費はできればそのままにしたいですよね。

他にパッと思いつくのは、携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

他の節約箇所としては保険料の見直しをすることです。

CMなどでよく見る保険無料相談サービスを利用した人のブログによると現在の契約状況・保障内容を専門家が様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは説明がわかりやすく信頼できたそうなので皆さんも相談をする際は信頼できる担当者を見つけましょう。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」という宣伝ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

少し前まではFPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

ここ数年で急速に有料で保険相談をする時代が終わり無料相談サービスが増えてきました。

保険は家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の製品を是非とも契約させたいと考えています。

そこで無料相談窓口が増えたためそこから保険見直し希望者を獲得するために、特典を出してでも保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは芸能関係や個人営業の飲食店だと思います。

実は保険無料相談をしているFPもとても気にしているんです。

なぜかというと、無料相談サービスでは相談者が保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、強引な勧誘をしているとSNSなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、サービスによってはメール1通で担当者変更できるようにしたり対策をしています。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われているので、信頼できるFPから納得いくまで説明を受けてから決めましょう。

世間には山ほど保険の相談に無料でのってくれる会社があります。

その中で本当に良い会社と出会うということは、考えているより難しいのかもしれません。

どこを選ぶか迷ったらランキングを参考にしてみては?いろいろな視点で作られたものなので、自分にとって大切なことを最優先に選びやすくなります。

名前を知っているような有名どころでも担当FPさんによって合う合わないはどうしてもありますから、試しに上から順に複数の会社に依頼してみるなど、それぞれ比較検討をするにも役立つでしょう。

参照:http://www.canadagoose-montreal.com/faq/example.html

保険の営業の人に案内されるがままに保険に加入してしまって実は、内容を十分に把握できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスの利用を検討してはどうでしょうか。

保険の知識がなくてもFPが今はどんな保険に入っているか、相談者のライフプランに合う保険ではなかった場合、こっちの保険の方があっているなど相談に乗ってくれます。

また、相談した結果、必要のなかったオプションに気づいたり別の保険に切り替えることで保険料が減る方も多いようです。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用し条件を満たすとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

ネットで少し検索すれば、数ある保険無料相談会社についてさまざまなクチコミが見られます。

ということはつまりたくさんの人が興味や関心を持っていて、プロの意見を聞いてみたいと感じているということなのでしょう。

そしてやはり面談自体についても不安があるのだと思います。

特に訪問タイプについて評判が知りたい人も多いかと思いますが、大切なのはやはりFPさんの知識の深さや提案力、さらにはこちらの理想をどれだけ実現しようとしてくれるかです。

気になった会社を調べる際には、どんなFPさんだったのかを詳しく調べてみると良いでしょう。

保険を考える時期といわれる人生におけるイベントがあります。

例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないとどうしたらいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを活用してみましょう。

すでに保険に入っている人でも年間の支出や家族構成などが契約当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、ライフプランや希望に合っているか、いざという時にきちんと守ってくれるかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

契約中の保険内容の確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

無料で保険相談を請け負っている会社のことを、それぞれの観点から情報を集めているサイトが多々あります。

評価を左右する重要点としては、面談までのやり取りが簡単にできるかどうか、またどれだけの商品について提案できるか、なんといっても重要なのはFPさんについての評判です。

長い人生でもトップクラスの支出となるものについてのことなので、複数の会社で面談をしてみることで結果を比較検討し、全てを任せても安心なFPさんと今後の人生について話し合えると良いですね。

新しくことを始めるときにみなさんはどうしていますか?まず最初にネットで調べる人が多いと思います。

保険の見直しをしようと思い検索していたところ保険相談無料ドットコムというウェブサイトを見つけました。

一般的な店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間にカフェや自宅など好きな場所で面談をしてくれるようです。

現在の生活状況などを確認するので落ち着いて話をするために自宅で相談を行う方が多いようです。

また、サービス側も強引な勧誘をしないのはもちろん、現在の保険内容を忘れていても説明してくれるみたいなので安心ですね。

無料で保険の相談に乗ってくれる会社の中でも、テレビでCMを見たり町中で店舗を見かけたりして有名なのが「ほけんの窓口」だと思います。

いわゆる来店型の会社の中でも知名度はトップクラスで、口コミや体験談を探すのに苦労しないところもありがたいです。

FPさんと初めて面談する際は基本的なところの説明から始まり、こちらが抱く疑問についてもしっかり答えてくれて評判が良く、満足度も高いとのこと。

さらには扱う商品数も多めだそうなので、いろいろなプランを比較検討しやすいでしょう。

良い保険無料相談会社の選び方のひとつに、クチコミのチェックがあります。

一社一社どんなFPさんがいて、提案内容はどんな風だったのか、注意深く掘り下げてみましょう。

提案するプラン内容に偏りがないFPさんが良いと言われています。

顧客側の希望もしっかり聞いて考えてくれるので、ライフスタイルに沿ったプランであることはもちろん、それ以上の思いがけない提案に驚きながら納得するなんてこともあるとか。

どこでお願いするかの最優先はFPさんの質なので、一度いくつかの会社に面談依頼をしてみて、実力を比較検討してみると失敗が少ないでしょう。

最近いろいろなところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのかを調べてみました。

どういったカラクリがあるかというと、各保険会社からの契約手数料を主な収益にして成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社としては、勧めた保険に相談者が加入してもらうことが重要になります。

そのため、お客様目線で提案・保険内容の説明をしてくれ、「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きないと思って良さそうです。

お金をかけずに保険の見直しができるというのに、さらに商品券やギフト券までもらえたら嬉しいですよね。

どうすれば手に入れられるのかというと、実際に面談をすれば良いだけだったり、さらにアンケートが必要だったりするところがあります。

一万円に満たないほどの金額ではありますが数社受ければ大きなお小遣いになることは間違いありません。

当然ですがプレゼントのための面談と判断されたらもらえないので、もらえたらラッキーなものくらいに思っておいて本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。

無料で保険の話し合いができる機会を得ることができたなら、可能な限り無駄のない時間を過ごしたいところです。

見直しに関して注意しておくと良いのは、現状の保証と月々の支払額で問題はないのかどうか?加えてそれらが自分のライフスタイルに沿ったものかどうか?です。

実際の面談までに自身のライフスタイルについて考え、また健康診断などの結果を用意しておくと良いでしょう。

そうすることでより具体的な提案をしてもらいやすくなります。

またどの会社で面談をお願いするかも大事なことなので、じっくり検討しましょう。

車の買取など様々な場面で見積もりをしますよね。

見積もりをすると各社から電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが楽しいという人もいますが最近では、若い人を中心に電話が苦手という方も増えている印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強制的な勧誘を行ったり、利用者の評価が低いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に関して対策が考えられています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行うFPだった場合はストップコールというシステムがあり、電話一本で相談の停止や担当FPを変更することが可能です。

家の次に高い買い物として、「保険」が挙げられます。

選択を間違えたくないと考えるのは当然でしょう。

そういった場合にうまく活用したいのが、無料相談です。

店舗を構えていたり、FPさんが来てくれたりとさまざまですが、会社により特典が付くところもあったりします。

内容は商品券や図書券などが多く、現金の場合もあるようです。

一万円に満たない額がほとんどですが、数社合わせれば一万円以上になるでしょう。

プロに話を聞ける上にプレゼントまであるなんて、ダブルでお得なお話ですね。

タダだからと保険の相談にのってもらったとして、いるいらないの判断ははっきり言えば良いのですが、細部まで丁寧に説明してもらったりたくさんの自分専用資料が用意されていたりすると、満足いく提案ではなかった場合にどう言えば良いか迷うかもしれません。

今後の人生設計の問題でもあるので、結論を出すのに時間がかかるのは当然のことでしょう。

例えばうまくいく断り方としては、はっきりと連絡はいらない旨を伝え、検討する意思を表すことでしょうか。

しつこい場合には専用サポートを利用するという方法もあります。

保険無料相談を行っている会社は、われわれの想像以上にたくさん存在します。

依頼するならそれらの中でも良いFPさんがいるところをおすすめします。

実際に数社と面談を行った人が話すには、それぞれのFPさんによって、話す内容が同じでもいろいろ幅のある提案がされるようです。

契約になればそのFPさんとその後も関係が続いていきます。

こちらの希望をくんでくれるのはもちろん、想像以上のプランをたててくれるような実力のあるFPさんがいる会社が良いでしょう。

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者特典として行われていた換金性の高いギフト券やクオカードなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、牛肉などの景品をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われるお中元やお歳暮、カレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には該当しないとしています。

そのため、牛肉などの商品プレゼントは「完全にクロ」ともクロともシロとも言えないグレーゾーンと言えます。