無職お金借りたい?

主婦がキャッシングしようと考えた場合に、夫に内緒にしたい人が少なくなく、ついついバレてしまうことを嫌って足を踏み出せない人が少なくないようです。
実際のところは大部分の金融会社ではパートなど定職に就いている主婦ならば配偶者やその他の身内の人間など誰に知られることもなく借り入れを行う事ができるのです。
働いていなくてもキャッシングができるのでしょうか。
キャッシングの審査落ちの原因として無職の場合があります。
無職とは働いていない状態を指しますが、結婚していればキャッシングの審査に通るかもしれません。
もちろん、パートナーに定期収入がなければ審査に通るのは難しく、ご自身が会社員の場合と比べると、借入限度額が低くなります。
なお、最近人気が高いのが家族カードを使ったキャッシングです。
無職であっても配偶者のクレジットカードの家族カードを発行してもらうと、家族カードに付帯しているキャッシング枠で現金を借入する人も増えています。
例外的ですが、無職で独身であってもキャッシングが可能な立場の人がいます。
それが年金受給者です。
毎月、収入(年金)を受け取れる、ということで一部の業者ではお金を貸し付けてくれます。
過去に、30万円キャッシングで借入できるかと申込みしたのですが、駄目でした。
これはおそらく、まだ職に就いて日が浅いということもあり、信用できなかったのだろうと思うので、原因はそれだと思います。
致し方ないので、10万円に引き下げることし、その金額ならいけると言われ審査を通りました。